後5%は夢と希望
うごメモでも活動している人です。今宵も盛り上がりましょうか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[夢乃得]荒ぶれ!夢月ちゃん!

夢月「ではでは、CP決めをしましょうかー」
藍「どうやって決めるのか?」
夢月「そうそう、そこを皆さんに聞きたかったのですよー」
里香「皆さん、好き嫌い有りませんでしたから、どうでもいいんじゃないんですか?…1人リア充がいましたが」
ユキ「私の事!?」
オレンジ「そうそう、実は好きな人がいるというリア充。」
橙「ゆっきー…」
フランドール「何に当たっても構わないよー」
藍「ルーレット式か。」
紫「ルーレット…いいわね。でも、其れが無いのよ。」
アリス「ルーレットが無いとなれば、他の物を代用しましょう」
夢月「?代用?何を代用するんです?」
アリス「サイコロとか…」
夢月「うーん、良く分かりませんがいっそのこと其れにしましょう」
紫「そうねー」
咲夜「そーう誓ったの この小さな胸にー」
夢月「咲っぺ!やりますよ!」
咲夜「はーい。」
フランドール「…丁度10人いて、Win版が私足して6人、PC-98版が4人…どうする?」
里香「必ず旧×Winにしたいのですね!なら、アリスさんをこちらに持ってくれば?」
フランドール「おおふ、その手があったか!」
橙・オレンジ「其れ前提…?」
ユキ「んで、そうするサイコロが無かったから代用…と?どう見てもこれ鉛筆でしか…」
夢月「ゆっきー、良く見てなさい(ドヤァ)」
ユキ「どや顔する意味が解らないのだけど」
夢月「そいやぁ!(転がす)この、にゃんにゃんにゃ●この鉛筆、六角形でしょ!」
ユキ「嗚呼、うん。ってか●で隠す所足りないから其れ。隠すと言ったらにゃ●にゃ●にゃ●こ位に隠さないと意味無いよ其れ!!」
夢月「これを転がした時に、Sam-●の面が出たらもう一回、という訳ですよ」
ユキ「無茶振り過ぎるよ其れ!普通にサイコロ使った方が早い!!後それも足りないから!」
藍「まぁ、落ち着け。運命はこの●●んに●ん●ゃんこの鉛筆に、託されているんだから」
ユキ「何があった!?製作者側に何があったの!?」
アリス「良い突っ込みね…、でも、まだ私には叶わない」
ユキ「1歳しか年離れて無いよ!?後何が!?」
咲夜「私はこんなに突っ込む子に育てた覚えは無いわ」
ユキ「私はあんたに育てられた覚えも無いよ!」
里香「そんな事はどうでも良いじゃないですか。ゆっきーは咲夜の娘設定で良いじゃないですか」
ユキ「良くないよ!」
フランドール「皆ボケすぎよ。突っ込みがいるから、って。」
橙「ごめん乗り遅れた」
ユキ「する気だったの!?」
オレンジ「あ●りまえーあた●まえーあたり●え体●」
ユキ「隠せてないよ!」
夢月「はー楽しかった。」
ユキ「貴女達酷いわね!もう疲れたわよ…」
夢月「実際使うのはにゃ●に●ん●ゃんこ鉛筆ですけど」
フランドール「隠さなくても良いと思うけど…にゃんにゃんにゃんこの存在幻想入りしてるし」
紫「そういえばそうねー」
藍「創価創●」
ユキ「だーかーらー隠せてない!創●学●丸出しだからそれ!学会員に怒られるわよこれ以上やったら!」
夢月「ではでは、やりましょ」
咲夜「そうねー」
アリス「私は結局旧作側…?」

夢月「こういう訳で、私達旧作側がWin版の人を転がして決めるのです。」
里香「どういう訳ですか」
夢月「まだ何も言ってません。頭文字順です。」
咲夜「って事はつまり、S●n-●から文字が正しく読める側から下からで、最初は私って訳ね!」
夢月「正解、次は橙、フランドール・スカーレット、八雲紫、八雲藍という順番です。」
アリス「えっと…もしかだけど1番手私?」
夢月「Yes.次からはオレンジ、私、ユキ、里香という…事に。」
アリス「嫌や私絶対に嫌や」
里香「何故に関西弁っぽいのですか」
アリス「いいわねあんた一番最後で」
里香「知ってますか?最後、余り物なのですよ?」
アリス「あっ…」
夢月「因みに、咲アリは無効。」
アリス「どんだけマイナーが欲しいのよ…」
ユキ「知らない」
オレンジ「というか妖ユキマイナー過ぎね?」
橙「黙って」

夢月「じゃ、アリス、転がして下さい。」
アリス「解ったわ。…それいっ!」
夢月「S●n-●。はいもう一回」
アリス「む…えいっ!」
夢月「出ました、3面。…フラアリですー」
アリス「あー。」
フランドール「誰でも良かったからねー」
咲夜「おい待て出づらくね私」
ユキ「CP決めってこんなに楽にやって良いの?」
夢月「次、オレンジ」
オレンジ「やっほーい!解ったよー。…えいっ!」
夢月「S●n-●、もう一回。」
オレンジ「…」
夢月「咲っぺだ。正にマイナー」
咲夜「本当に何が出ても可笑しく無いわ」
夢月「私、行きます!(投げ)…橙さんでした。はいどっちか選べ」
ユキ「奪い合いとか無いから?mjで?」
夢月「はい」
里香「なんなら紫さんで良いです」
紫「えっ」
ユキ「ねぇ、本当にこんなに楽に決めていいの?」






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

夢乃時~Indigo changed flowers~

Author:夢乃時~Indigo changed flowers~
皆さん、ようこそ。

私が住んでいる夢乃密室へ。

現在、renewalして、
私が話を書く時に、動かしやすい東方キャラが集まる所、
夢乃得のセリフのみ小説を、今現在裏面子でgdgd書いております。
裏もあれば、表もあるので、4月頃から表面子のも書きたいと思います。
百合表現もありますが、お許し下さい。

そのCPが貴方に響いても響かなくても、私が荒ぶっているだけなので…すみません。
起訴は、しないでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

十六夜咲夜の大きな懐中時計

今までこの部屋に来たお客様の数

こちらのカウンターは、借り物で、きゃぴ堂様が作ったものです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。