後5%は夢と希望
うごメモでも活動している人です。今宵も盛り上がりましょうか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[夢乃得]過去話

雛「えーと、CP…よね?」
布都「そりゃあそうだろ」
くるみ「げんげっちゃんは…ありきたりすぎるなぁ」
幻月「ええ!メイド服だからというだけ!」
夢子「そか」
マイ「意外に言葉の割には悲しそうじゃない…」
夢子「うっさい!」
マイ「私いない…」
エレン「…(ぽん」
幽々子「うわぁぁぁぁぁぁぁ」
雛「今回作者が思いついたのは…めーさら。」
幻月「あ、真面目にできそう」
サラ「え」
美鈴「え」
雛「次からいくわよ〜今日は報告でしたっと」
スポンサーサイト

[夢乃得]おもこっとん CP編

幽香「ふみゃん…らめらめぇ…」
雛「ふにふに~」
幽々子「雛ちゃん…(パルパル」
サラ「エリーさーn」
エリー「あら?サラちゃん…」
美鈴「(サラの手を掴み抱き寄せる)…」
サラ「え…?」
エリー「め、美鈴…」
美鈴「行かせ…ないわよ…?」
幻月「(じー」
夢子「~♪」
レミリア「もふもふ~マイの羽柔らかくて気持ちいいわぁ」
マイ「わ…た…し…も…(びくんびくん」
妖夢「羽が弱いの~?(もふり)ふわふわー」
マイ「らめぇ…(涙目」
幽香「ひぅぅ…?」
雛「見てはいけないのよ~?」
早苗「姉さん~ (ぎゅー」
ルイズ「はいー?」
てゐ「(後ろからルイズに悪戯しようとする」
エレン「ピースサンダー!」
明羅「パクリか。」
魅魔「…とじぃ」
屠自古「何だ?」
魅魔「私達も組まないか?」
屠自古「だが断る」
くるみ「いつかまた、見てくれるかなー?」
呪い子「いいともー!」
カナ「いいともー!」
布都「いいともー!」



[夢乃得]サラ無双

布都「…」
サラ「何か喋ろうよ」
マイ「サラ姉こんな所に」
サラ「そうだよサブだよ!」
くるみ「此処、何処?」
エレン「皆、ごめん。お詫びに裏面子の子CWに飛ばすから」
サラ「悪化するからやめて」
夢子「いい位にかたまっt」
布都「戯れ事は終わりj」
幻月「じゃないじゃない!」
幽々子「嘘つきが!」
くるみ「黙ってよ!」
マイ「傷つくじゃない!」
雛「人の気持ち何か分からない癖に!」
エレン「じゃあ何で!?」
布都「何で殺したんだ!?」
美鈴「無実よ私はやってない!」
夢子「貴女達がやったんじゃないの!?」
サラ「…私が皆を殺したのよ☆あはははははははは」

幻月「え?」
美鈴「サラちゃん…」
雛「サラ…」
マイ「サラ姉…」
幽々子「楽しいわね」
エレン「そーですね」
くるみ「明日も見てくれるかなー?」
布都「いいともー」
夢子「オイ」
サラ「そういえば一人いなくね?22人だよ?」
雛 「気のせいよー」
美鈴「うんー」
幻月「ところで何しましょうか」
夢子「そうねー」
サラ「劇やりましょーよ」
夢子「そうねー」
マイ「夢子さん無気力…(汗)」
くるみ「何すんのー?」
雛「私としては、教科書に出てきそうな物がいいわ」
エレン「創作でいいんじゃない?」
布都「うーん…恋愛物!」
くるみ「えっ」
美鈴「私も賛成ー」
マイ「皆でやるものなんだから…(汗)」
くるみ「マイちゃんの言う通りかもー」
幻月「サスペンス(キリッ」
美鈴「そういうマイはー」
マイ「喜劇。」
美鈴「具体的じゃない…」
サラ「一応私は…お伽噺。」
くるみ「死ネター」
夢子「私も同じよー」
サラ「どうしよう?(汗)」

[夢乃得] 小説 序章の中の序章 その①の続き(遅すぎ)


「あなたの名前は、なんて言うの?」
その子は急に微笑んで
「魂魄妖夢、です。あなたは?」
「私?私はエレン。妖夢ちゃんって言うんだね。宜しく!」
宜しくと言うと、木霊のように「宜しくお願いします」と返ってきた。
ふぅ…やっと名前が呼べる。ちょっと初対面なのに親しくなれた、かな?
「…何かしますか。エレンさん。」
「えっ、よっ、呼び捨てでいいんだよ!?ほっ、ほらぁ、肩の力抜いて。初対面だからって、そんな畏まってたら私っ、私が空気読めない人かと、おっ、思われるじゃん!」
そう言うと、妖夢ちゃんが笑った。
「ちょっ、ちょっと、なっ、なぁによ!」
「ふふふっ、私とエレンしかここにいないわよっ。」
「はっ…///」
其れに気づいて、思わず赤面に。だって、恥ずかしいもん。
「他の人がここにいるだなんて、可愛いわね。」
くすっ、とまた笑われた。
「だってー!だってだもんー!」
私は子供のように、我侭のように、言ってみた。

そんな感じで、毎日時間がある日は妖夢ちゃんと会って話をする。
どんな話かと言うと、私の世界の話とか、ペットのソクラテスとか。
鏡がある白い部屋にいると、時が止まる訳じゃないから、それは一瞬に感じちゃうけれど、
私にとっては、長い長い時間で、凄く楽しい!もう1人友達ができたし!

それで今日。今日もそこに行こうかなっ♪
そう言って、壁に触れようとすると、カナちゃんが来て、
「…エレン…最近姿消してるわよね?私との約束、破ってるんだけど、それで。んで、何よ。今更謝るの?」
来たっというか、私が呼んだ。新しい友達が見せたくて。
その時に、仲がアレだとアレかなって思って、絆を深めておいたの。
「かっ…カナちゃんごめん。そっちじゃないから。カナちゃんに、会わせたい人がいてね。」
「…えっ?」
私は、カナちゃんの手を握る。
「今から、せーの、でこの木に触れるよ。」
「えっ…いまいち、状況が飲み込めないんだけど」
「いいの、いいの。せーのっ!」
私とカナちゃんは、木に同時に触れた。
そうすると、目の前の風景が吸い込まれていく。
そして、消えた。







 …まさか、あの時関係無い人を数人巻き込んでたなんて… 

[夢乃得] 小説 序章の中の序章その① 「2人の出会い」



「ジングルベール ジングルベール 鈴が鳴る♪」

私、エレンは親友のカナ・アナベラル、いや、カナちゃんと一緒に、雪が降る道を歩いていた。
今日はクリスマス・イブ。この日の夜にサンタさんが来る!
だから、サンタさんがプレゼントを入れる大きな靴下を、買いに来てるの。あと、ソクラテスの防寒用の物もね!(メモに書いておいた)
何か、寒いと言ったら寒いのだけど、心は温かくって、気分が良い。だから、寒いのなんて平気!
段々それがエスカレートして、気持ちが高ぶった勢いで飛び跳ねていたら、カナちゃんが
「エレン、危険だよ。道が凍ってるから、滑るよ?」
「そんなの、大丈夫だよ!一応私は魔法使いなんだから、ね。」
滑りそうになっても、魔法を使えば大丈夫!って思ったの。
でもね、実際魔法使っても一回本気で滑って転んだことあるから、言って良かったのかなぁ…
ちょっと不安になったけど、ま、いいや。
いざ、となれば空を飛べばいいんだから!
* * *
お店に着いた。着くまでに、一回も転ばなかったよやったあ★
でも、何回か滑っちゃったけど…w
カナちゃんが滑ったら面白そうなのにな…あ、騒霊だから仕方無いか。無理だ。
今、着いたお店は、お洋服屋さん。主にナチュラル系のお洋服などを取り扱っているお店。
このお店の服がいいんだよね~。
いやいやいや、今日はこの目的じゃないから…我慢我慢。
そのお店に入ろうとして、ドアノブに触れた。そうしたら、急に目の前が暗くなって…

気がついたら、知らない部屋にいた。周りは全て白で塗りつぶされていて、家具は鏡しかない。
今まで見えていた、お店はどこにもなかった。
あと、カナちゃんもいないし、他のお客さんも誰もいない。だって、呼んでも返事してくれないもの。
最初はとにかくびっくりした。でも、だんだん寂しくなってきて、涙があとからあとから溢れ出して、止まらなかった。
部屋の中は温かい。なのに、心の中ではピューピュー冷たい風が止まなくて、どんどん感情的になっていく。
涙で前が見えない。空間が滲んでぼやけているようにも見えた。
「誰かー、誰かー!」
としか叫べなかった。勿論どうにもならないのだけど。
そうやって泣いていたら、声が聞こえた。
「かっ…カナちゃん?カナちゃんなの?」
私は最初、その声をカナだと判断したけど、よく聞いてみると違った。
鏡を見てみると、これまた知らない部屋が見えたの。
和風の部屋で、床は畳…だったっけ?そんな物があった。
すると、鏡に女の子が映ったのよ!ビックリした…
頭に着けている黒のカチューシャに、ひらひらのリボンがついていた。それと同じ色のリボンが胸元にまたあった。何か、人魂のようなものが浮いているし。
「…大丈夫、ですか?いきなり泣き声が聞こえたので、びっくりしましたよぉ…」
その女の子が話し掛けてきたの。それで私は
「……何とか大丈夫。驚かせて、ごめんなさい。」
と謝る。
「あっ、いいんですよ。何か、鏡で話せるなんて、不思議ですね…」
「私もよくわかんない…」
「そういえば、何で泣いていたんですか?」
すぐ話を振る。
「…寂しかったの…」
「そっ、そうだったんですか…あっ、丁度仕事にキリがついたし、ちょっとだけですけど、傍に行ってもいいですよ?あれ、どこから通るんだろう…」
女の子は鏡からこっちに来る方法を探し始めた。
私は、その子の一言がとても嬉しくて嬉しくて、
「早く、早く!」
と言いながら手を引こうとして、鏡の奥に手を伸ばそうとした。
すると、何か感触がある。それを見て私はぎょっとした。鏡の中に手が吸い込まれたように見えたから。
どうやら、そこの部屋に通じているのかな。
そして、その子が握ったのを確認して、こっちに引っ張った。
その子に、私は忘れていたことを問いかける。
「あなたの名前は、なんて言うの?」
続きを読む

プロフィール

夢乃時~Indigo changed flowers~

Author:夢乃時~Indigo changed flowers~
皆さん、ようこそ。

私が住んでいる夢乃密室へ。

現在、renewalして、
私が話を書く時に、動かしやすい東方キャラが集まる所、
夢乃得のセリフのみ小説を、今現在裏面子でgdgd書いております。
裏もあれば、表もあるので、4月頃から表面子のも書きたいと思います。
百合表現もありますが、お許し下さい。

そのCPが貴方に響いても響かなくても、私が荒ぶっているだけなので…すみません。
起訴は、しないでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

十六夜咲夜の大きな懐中時計

今までこの部屋に来たお客様の数

こちらのカウンターは、借り物で、きゃぴ堂様が作ったものです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。